愛車のことでお困り?今すぐご相談ください!

TOYO TIREとエスアンドカンパニー

  • Facebook
  • LINE

東京オートサロン2019も無事に終了し、TOYO TIREからエントリーした展示車両が二年連続の受賞と言う快挙を成し遂げ、ホッとしてるのもつかの間、次は大阪オートメッセ、Nostalgic2daysは開催が迫ってる訳で御座います。

そんなTOYO TIREさんとのお付き合いを過去にさかのぼること13~14年ほど昔の話。

東京スペシャルインポートカーショー(SIS)と言うキャンギャルすらも禁ずる輸入車に限った素晴らしく硬派なモーターショーが存在しておりました。

第2回目の開催の時にTOYO TIREブースに置く予定だったBMWZ4が他のブースに展示になってしまった穴を埋めるべく急遽展示が決定したのが当時僕の乗っていたBMWZ4でした。
ガルウィングにワイドボディ、国産ホイルメーカーとの組み合わせ、、。

当時はヨーロッパのクルマは、ヨーロッパのパーツで仕上げないといけない!と言う暗黙の了解をナナメに見つつ禁じ手を存分に組み合わせたZ4は、プロクセスT1Rと言う爆発的に欧州車に大ブレイク(クルマがシャープに見えるタイヤパターンと、他メーカーには無いタイヤサイズが大人気でした♪)のタイヤを履かせTOYO TIREブースの1番良い場所に展示して頂いたのが嬉しくて涙がウルウルしていたのが懐かしい話w

そんでもって当時の関西出身のTOYO TIREの担当者もZ4に乗っていたと言う事から妙に意気投合し(笑)、現在の仕事を任されるに至った訳で御座います。

人生、そこが1つのターニングポイントだったんだなぁ、、と今だからこそ分かりますねw

TOYO TIREの歴史はエスアンドカンパニーの歴史でもあるんでこれからもよろしくお願いします!!

いや違う、一生ついて行きますのでよろしくお願い申し上げます!!、、が正しいな、笑

(思い出の写真たち)

  • Facebook
  • LINE

この記事の執筆者

鹿田 能規

鹿田 能規

Yoshinori Sikata

S&Company代表

鹿田 能規の記事一覧>>

1970年生まれの戌年。愛車はレンジローバースポーツと1989年式メルセデスベンツ560SL。19〜31歳までは調理師として経歴を積むも、31歳で兼ねてより情熱を持っていた自動車業界に飛び込む。「まったくの経験ゼロ!」の状態から“独学と情熱”で現在に至る。車やファッションなど、カッコいいものが大好きな少し変わった「少年オッサン♪」

この記事の執筆者

1970年生まれの戌年。愛車はレンジローバースポーツと1989年式メルセデスベンツ560SL。19〜31歳までは調理師として経歴を積むも、31歳で兼ねてより情熱を持っていた自動車業界に飛び込む。「まったくの経験ゼロ!」の状態から“独学と情熱”で現在に至る。車やファッションなど、カッコいいものが大好きな少し変わった「少年オッサン♪」

鹿田 能規の記事一覧>>

記事一覧へ戻る

ラッピング修理鈑金塗装等お車のことはお気軽にご相談ください!

大阪本店 メールでのお問い合わせ・ご相談もお気軽に
埼玉三郷店 メールでのお問い合わせ・ご相談もお気軽に

PPF

買い取り査定

スタッフブログ

メニュー