愛車のことでお困り?今すぐご相談ください!

カウンターの店は、ライブだ!

  • Facebook
  • LINE

今回は、わりとフツーのことを書きます。
いまさら分かってますよ、という声があちこちから聞こえてきそうですが、やっぱりカウンターはいいなぁと思うのです。
カウンターもいろいろあります。一見さんお断りの割烹から、餃子の王将まで。目の前で料理を作ってくれるのを見ながら飲むのは楽しいものです。
料理を作るのが得意でなくても、「こんな風にやるんや」と、プロの技は見ているだけで、へえとなります。
YouTubeでも、シェフの料理動画は人気ですね。これからもっと増えるのじゃないでしょうか。車の業界も同じじゃないかと思いますが、作業風景の動画をけっこう見てしまいます。
たとえば、板金とか塗装とか。
こんなに手間をかけてやっているのか、というオドロキがあります。
それを間近に見られるのだから、面白いに決まってます。
最近だと、ホテルのレストランもオープンキッチンのところが増えてきました。ビュッフェとかでも、調理してもらえるものが増えているように思います。
お鮨屋さんも、ネタケースをカウンター前に置いている店は減ってきていて、カウンターとひと続きになっているところが新しい店では多いように思います。
(大衆的な鮨屋さんで、ネタケースに鮨ネタ以外のいろいろなもの(例えばヨーグルトとか)が入っているカオスな店も、それはそれで味わいがあって好きですが。
いい居酒屋の条件(諸説あります&個人の感想です)に、「テレビがあること」というのがありますが、カウンターの前の厨房というのは、テレビみたいなものかなとも思います。
店側としても、手の内をつまびらかすることになるので、下手なことはできないですし、そういう意味でも信用できます。
まぁ、酔っ払ってアホな話をしているのを、お店の人に全部聞かれてしまうのではありますが。お互いに緊張感をもって過ごすというのは、お客にもお店の人にも必要かと思います。
食べることは知性だ、という話を以前にしましたが、まさに目でも楽しむのがカウンターの醍醐味です。ひとりでもカウンターなら間が持ちますしね。
なんだか普通の話ばかりで恐縮ですが、いいものはいいなぁと思いますので。

  • Facebook
  • LINE

この記事の執筆者

竹村 匡己

竹村 匡己

Masaki Takemura

MeetsRegional編集長

竹村 匡己の記事一覧>>

MeetsRegional編集長(五代目)。出生地は京都は伏見。でも、稲荷的な伏見ではなく山のほう。保険会社のSEを経て、京阪神エルマガジン社入社。エルマガジン、サヴィ(たしか1カ月)、リシェ、ムックと転戦し、ミーツ編集部でグランドスラム達成。2014年12月より現職。タイニーでショートカットな女の子に弱い。

この記事の執筆者

竹村 匡己

竹村 匡己Masaki Takemura

MeetsRegional編集長

MeetsRegional編集長(五代目)。出生地は京都は伏見。でも、稲荷的な伏見ではなく山のほう。保険会社のSEを経て、京阪神エルマガジン社入社。エルマガジン、サヴィ(たしか1カ月)、リシェ、ムックと転戦し、ミーツ編集部でグランドスラム達成。2014年12月より現職。タイニーでショートカットな女の子に弱い。

竹村 匡己の記事一覧>>

記事一覧へ戻る

ラッピング修理鈑金塗装等お車のことはお気軽にご相談ください!

大阪本店 メールでのお問い合わせ・ご相談もお気軽に
埼玉三郷店 メールでのお問い合わせ・ご相談もお気軽に

PPF

買い取り査定

スタッフブログ

メニュー