愛車のことでお困り?今すぐご相談ください!

鮨っていいですよね。

  • Facebook
  • LINE

前回も書いた気がしますが、コロナですね。
コロナも流行ってますが、鮨も流行ってます。
(寿司、すし、鮨とどの表記を使うのか問題はさておき)

もともとここ数年、増えてる流行ってる感じはありましたが、コロナでも、勢い止まらん感じはありますね。
(鮨とは関係ないですけど、からあげテイクアウトも増えてますね。
手軽にできるのでしょうか?)

ちなみに今月(2020年11月)だけでも3軒の新店舗がオープンして、行ってきました。
価格帯は、6000円~10000円くらい。
一時は3万オーバーみたいな、スーパーハイエンドの鮨店がえらく増えてましたが、それは落ち着いたようです。
(あいかわらず、そういうお店の予約はとれないみたいです)

それに加えて、回転寿司もあいかわらずの人気です。
Go To イートで、さらに混雑が加速しているようですし、
逆に、ちょっと高めのラインの店舗展開をしているチェーンもでてきました。

そんなこんなで、鮨が人気です。

昭和の頃に比べると鮨のイメージってずいぶん変わりました。
大人にとっては、「時価で怖い」とか、子供にとっては、「なんか法事で出てくるちらし寿司」とか。
わたしの、個人的偏った経験値でしょうか。

もともとはファストフードで手軽だった鮨は、いずれにせよそこまで日常的なものではなかった気がします。
スーパーとかにも並んでなかったですよね。

平成になって、高級化していたものが、回転寿司で一気に大衆化。
大衆化だけではなく、高級化も激しく二極化したとみるのがいいのでしょうか。

素手でナマモノを握って(こういう書き方をするとアレですね)提供する鮨。
接触を避けろというコロナ禍にあって、人気が止まらないのは不思議な気もしますが、実感として人気はあると思います。
(居酒屋とかラウンジとかは大打撃を受けているにも関わらず)

その理由は、なんなのかイマイチわからんのですが、その理由を探るべく、もっと鮨にいかなければいけません。

ちなみに来週もお鮨の予定が入っています。
鮨っていいですよね。



  • Facebook
  • LINE

この記事の執筆者

竹村 匡己

竹村 匡己

Masaki Takemura

MeetsRegional編集長

竹村 匡己の記事一覧>>

MeetsRegional編集長(五代目)。出生地は京都は伏見。でも、稲荷的な伏見ではなく山のほう。保険会社のSEを経て、京阪神エルマガジン社入社。エルマガジン、サヴィ(たしか1カ月)、リシェ、ムックと転戦し、ミーツ編集部でグランドスラム達成。2014年12月より現職。タイニーでショートカットな女の子に弱い。

この記事の執筆者

竹村 匡己

竹村 匡己Masaki Takemura

MeetsRegional編集長

MeetsRegional編集長(五代目)。出生地は京都は伏見。でも、稲荷的な伏見ではなく山のほう。保険会社のSEを経て、京阪神エルマガジン社入社。エルマガジン、サヴィ(たしか1カ月)、リシェ、ムックと転戦し、ミーツ編集部でグランドスラム達成。2014年12月より現職。タイニーでショートカットな女の子に弱い。

竹村 匡己の記事一覧>>

記事一覧へ戻る

カーラッピング修理鈑金塗装等お車のことはお気軽にご相談ください!

大阪本店 メールでのお問い合わせ・ご相談もお気軽に
埼玉三郷店 メールでのお問い合わせ・ご相談もお気軽に

NWE LOGO

Pシールド

PPF

買い取り査定

スタッフブログ

メニュー